正式にペット保険の加入を申し込む前に検討したいこと

補償割合をどのくらいにするか検討しよう!

ペットに万が一の事があった時、助けになってくれるのがペット保険です。ペットを買う人が増えているので、私もペット保険に入ってみたいという人も多いんじゃないでしょうか。
どんな保険を選んだら良いか分からない時、まず検討しておきたいのが補償割合についてですね。一般的なペット保険の場合、治療に掛かった費用の内いくらが補償されるか、プランによってパーセンテージを変えている事が多いんです。50%か70%に設定している事が多いんですが、この差ってすごく大きいんです。もし10万円の治療費が掛かった時、7万円補償してもらえるのと、5万円補償してもらえるのでは全然違いますよね。こう見ると多い方が良いと思いがちですが、補償割合が多ければその分保険料も上がってしまうので注意が必要です。自分が払える金額と、必要としている補償を考えて選びましょう。

補償限度額を決めておく事も大切!

ペット保険には、補償限度額という物があるんdねす。これは、年会の保険金の合計額が、回数や日数によって決められている物なんです。たとえば支払限度額が60万円に設定されていた場合、入院や治療費で100万円掛かったとしても、60万円までしか補償を受ける事ができないんです。
後もう一つポイントになるのが、限度日数や回数が決められているタイプです。通院は何日まで、入院は何日までと決められていて、限度額内であったとしても、この回数を超えていたら補償を受ける事ができません。プランによっては、限度額だけで管理されている物もあれば、治療形態ごとに日数や限度額が決められている物があります。自分のペットがどのくらい病院に掛かりそうか、ある程度予想した上で選びたいポイントですね。